金利は即日融資も通常も変わらない

即日融資でも通常の金利と変わらない

即日融資だからといって、通常のキャッシングよりも金利が高いということはありません。
貸金業法が改正されて、金利は借入限度額によって上限が定められました。
そのため、キャッシングまでの期間などの要素が金利に影響するということはありません。
では、即日融資と借入限度額にはどのような関係があるでしょうか。


即日融資の借入限度額は高くない

金利の高さにキャッシング方法は関係ありませんが、借入限度額は関わりがあります。
なぜなら、限度額が高くないと、上限金利は高くなるからです。
貸金業法では、限度額が10万円未満の場合の上限金利は20%、10万円以上100万円以下の場合は18%、100万円以上は15%、と決まっています。
即日融資の限度額はほとんどの場合、50万円以下が多いとされています。
そのため、他のキャッシングよりも金利が高いと思われる傾向がありますが、きちんと法律を遵守した数値になっているのです。


金利が高いと感じる方には

「仕組みはわかったけどやっぱり金利が高い」と感じる方には、1つおすすめできる即日融資があります。
それが、銀行が発行しているカードローンです。
銀行のカードローンは、貸金業法ではなく銀行法の対象にあたるため、金利が低いです。
具体的な数値を挙げると、多くの貸金業者が18%前後なのに対して、銀行は高くても14%程度です。
ただし、消費者金融と比較すると借入実績がそこまで高くないので、審査が若干厳しいと予測できます。

Posted under 即日融資は普通